すずき家の食卓

すずき家の食卓 第4回『拘りおでん』【みそ田楽の歴史】後編

すずき家の食卓 第4回『こだわりおでんの会』後編

ども、まさと(@MasatoInfinity)です!

すずき家 第4回『こだわりおでんの会』の後編だよ~!
前編はこちら↓

すずき家の食卓 第4回『拘りおでん』【みそ田楽の歴史】前編『拘りおでんの会』に行ってきた! ども、まさと(@MasatoInfinity)です! 『すずき家の食卓』第4回に行ってきたど~...

前編では第4回の、

  • 『テーマについて』
  • 『メニュー』

この2つを紹介したよね!
後編で紹介していくのは次の3つ。

  • おでんの歴史
  • おでんの作り方のポイント
  • おでんの下準備の写真
じゃあさっそくいってみよー!
農夫けんすけ
農夫けんすけ
オッケー!!
よいお返事です(笑)

おでんの歴史

ちょっと僕は詳しくないんですが、農夫けんすけ氏が【おでんの歴史】について調べていたのでそのまま引用しようと思います。

奈良時代

豆腐が中国から伝わる。

どうやら遣唐使(けんとうし)が奈良時代に伝えたらしいです。
遣唐使とか遣隋使とか社会で習いましたね!
久々に名前聞いてわろた…w

室町時代

室町時代になると『みそ田楽』が普及する。

うーん…。室町時代って何百年前!?
なんかものすっごい昔な感じするんですけどね(笑)

白い豆腐を串にさした形が、田植えの時に田の神を祀り豊作を祈願する田楽の、白い袴をはき一本足の竹馬のような高足に乗って踊る田楽法師に似ているため「田楽」の名になったという。

Wikipediaより

時代が違いすぎてよくわかりません。
ただ田楽法師とかいう人たちがおって、
それに似てるから田楽って名前になったらしいね。

江戸時代

江戸では、近郊の銚子や野田で醤油の醸造が盛んになっており、かつおだしに醤油や砂糖、みりんを入れた甘い汁で煮込むようになり、「おでん」が登場した。

江戸っ子は気が短いので、屋台で注文してから焼くことはもちろん味噌を付けることも待っていられず、また「ミソを付ける」に通じてゲンが悪いので、おでんは屋台で売られるなど大いに流行しながら各地へ広がっていった。

※(ミソをつける)→失敗して評判を落とす。面目を失うという意味。

Wikipedia & けんすけ より

おでんの作り方4つのポイント

シェフに聞いてきたのでザッと説明します!

出汁をとる

まず出汁をとります。
今回は昆布出汁。
他のダシが使えるのかどうか…。
僕は知りません(*’ω’*)

出汁と野菜のみで煮る

お次に出汁の中に具材を突っ込む。
出汁と野菜やら具材を入れたら煮る。

ここでは、まだ味付けしません!
理由は、やわらかくならないと味が入っていかないからです!

みりんと白だしを入れて煮る

やっと味付けです。
みりん白だしのみです。
野菜と昆布の出汁が出てるので他に味付け不要!!

大根にスッと箸が通るぐらいが味付けの目安。
味付けは基本【甘】から。
【塩】は後から。

理由

  1. 塩より砂糖の分子の方が大きいから。
  2. 大きいものから入れないと入りにくい。
  3. 料理は順番を間違えるとしょっぱくなりすぎる。

冷ます

6時間ほど冷まして完成したのが↑の写真。

  1. 味がシミてくのは冷めるとき。
  2. 冷ますことによって味が入る。
  3. 大根は十文字に切れ目を入れるとより味が染みやすい。
  4. 大根は煮崩れ防止に角面を取るとよりいい。
シェフあらい
シェフあらい
オッケーですか?
ハイ!勉強になりますセンセー!!

おでんの下準備の写真

今回使った野菜たち


もちろん!すずき家の野菜たちです!
土付きで産地直送!朝収穫したての野菜たち(^ω^)


すずき家の固めの大根。
煮物にしてもちょっとやそっとじゃ煮崩れないほどシッカリとしてる。
この大根が、おでんや味噌田楽になったんだ。


大根・里芋・こんにゃくを投入。

白菜ロールを作る


肉の種類は忘れてしまいましたがミンチです(笑)


すずき家の白菜です!色がキレイ!


白菜をくっつける接着剤がわりに片栗粉を使います。


餃子やクレープと同じで中身の量がむずかしい!


シェフがお手本を。


苦戦するけんすけ君。


コロコロ~


頑張ってます(´ω`)

農夫けんすけ
農夫けんすけ
でけたどーー!!
シェフあらい
シェフあらい
オオォ~~!!
オメデトーー!

まとめ!

主催者メンバー

※クリックするとFacebookページへのリンクになっています。

2019年もやるの?

もちろんやるよ!1月はポ〇フ!お楽しみに☆
農夫けんすけ
農夫けんすけ
けんすけ野菜が大活躍の予感!!
シェフあらい
シェフあらい
腕を振るいますよ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です