コーヒー

ただの珈琲好きがコーヒー豆の自家焙煎をやってみた!

コーヒーの生豆を自分で焙煎するやり方

ども、まさと(@MasatoInfinity)です!

コーヒーは好きですか?
僕は大好きで毎日3杯ほど飲みます。
今回は初めてコーヒーの生豆を買って自分で焙煎してみました。

自家焙煎てやつですね!

写真メインで焙煎のやり方をザッと説明していくよ!

必要な材料・道具



コーヒー豆は『ブラジルNo2』というやつを使います。
理由はamazonで一番安かったからです!!
なぜNo2なのか…それは知らん!

※焙煎後コーヒーを淹れたい人はカップなども用意しよう!

必要な材料・道具
  • コーヒー生豆
  • カセットコンロ
  • 焙煎用の煎り網
  • 保存容器
  • うちわ

まずは上記の道具を揃えよう!
準備できたら次へ!

コーヒーの生豆を焙煎する前にゴミ取り

コーヒー生豆1Kgもあるので、今回焙煎する量を測るため一回容器に移します。
ここで生豆の匂いをかいでみることに。


え、ナニコレ?
マジで臭い(笑)

なんか臭いスニーカーみたいなニオイする…

これこのままドリップしたらスニーカー味の汁ができあがるんじゃ…



そんな恐怖の中、↑の写真のようにゴミとか腐ってる豆を取り除きます!
正直いうと初めてなんで腐ってないやつもあったかも…。
今回は色が黒いやつも腐ってるとみなして排除しました!

コーヒーの生豆を焙煎する準備


焙煎用の網に生豆をのせていきます。
まんべんなく広げていく。

この網には半分の250gくらいしか、
入らなかったので2回にわけて焙煎します。

コーヒーの生豆を焙煎するよ!


実際に火にかけていきます!
火の強さは中火~強火

火から10cmほど離してシャカシャカ横に振って下さい。
ひたすら来る日も来る日もシャカシャカ降るんです。


続けていくと豆からパチンという音がし始めます。
さらに続けてると大きいパチンという音から、
パチパチという音に変わってきます。
そのパチパチを完成の合図と覚えておくといいでしょう。

パチパチパチという音になったら
急いで火から網を離してうちわで扇ごう!
触れるようになるまで扇いでください!!

とはいえ、焙煎具合は人により好みは違うと思う!
ライトロースト~イタリアンローストまで様々。
何度も試して自分好みの焙煎度を
探っていくのも楽しみの一つですよね(*’ω’*)


ちなみにシャカシャカ焙煎が終わると↑のように
豆のカスが飛散して悲惨な状態になるので注意しよう!

焙煎中はかなり煙が出るので場所に気を付けよう!
あと片付けが楽になるように、できれば外でやるといい。
それかキッチンでやってちゃんと後片付けをしよう!


完成できあがり!
やっぱり焙煎具合にバラつきはあるね。
けどなんともいえぬ、満足感…。


色的にはフルシティローストフレンチロースト
中間といったところかな?
思っていたより簡単にできた!


今回のように2回連続で焙煎する場合は、別皿に移して冷ますといいです。

自分で焙煎したコーヒー豆で淹れてみよう


コーヒーミルで豆を挽きます。


お湯をそそぐと…
ふくらむふくらむ\(^o^)/


やっぱり煎りたて!
そして挽きたては違うね~!


こぽこぽ~。


くるくる~。


2杯分淹れてみました。
準備からいれるとなんやかんやで
1時間くらいかかりました。


本当の完成です!!

こうして淹れた一杯は最高にうまい!
至福の一杯であった。

そんなのめんどくせ!っていう人へ

通販でバリスタが選ぶコーヒー豆を買っちゃいましょう!ネットで簡単にプロが選ぶ無農薬コーヒーをゲットできますよ。
森のコーヒーl銀座カフェ パウリスタ

まとめ!

コーヒー焙煎のやり方
  • コーヒー豆はAmazonで買うと安い
  • コーヒー生豆はスニーカーの臭いがする
  • パチパチという音が完成の合図
  • とても散らかるから場所に注意
  • 煙がかなり出るから注意
  • 焙煎後はすぐに冷まそう
  • 焙煎したら飲んでみよう
  • 絶対うまいから!!

焙煎すると豆はふくらむ…

2杯いれてこの通り3杯分ほど入りきりませんでした。

豆が膨らむのが理由ですね。
焙煎する豆は入れる容器よりも
少ない量にしよう!

コーヒー好きなら一度はやってみよ~ぜ!

今回使った焙煎に必要な道具たち

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です